水の浄化で社会に貢献する

気体溶解反応技術

  • HOME »
  • 気体溶解反応技術

気体溶解反応装置 NAC system(ナックシステム)

NAC systemのコンセプト

生物が生きていく上で必要不可欠な存在である「水」は、自然の中で循環され、何度も蘇ります。私たちはその「自然」と「循環」の間で「生きている」ことから、この自然循環を少しでもお手伝いできるように弊社の気体溶解反応装置をNAC(Nature:自然、Alive:生きている、Cycle:循環)systemと名付けました。

NAC systemとは

「気泡化した供給気体を高速乱流によって液体に溶解・反応させる」システムです。

気体を水に溶解させる方法としては、水槽でよく見かける散気管を用いて気泡を水に接触させる方法が一般的です。ただし、この方法では気体の溶解量は多くても30%程度であるのに対し、当社のNAC systemでは、低圧力下(0.2MPa以下)の溶解反応タンク内でその2~3倍以上も気体を溶解させることができます。例えばNAC systemを使用して水温20℃の水に濃度が90%以上の酸素ガスを溶解させた場合、水の溶存酸素濃度は40mg/l以上になります。水温20℃における溶存酸素の飽和値は約8.8mg/lですので、4倍以上も酸素を溶解したことになります。また当社のNAC systemは、空気、酸素、水素、オゾン等のあらゆる気体に利用できます。
資料ダウンロード


PAGETOP
Copyright © 株式会社アクア環境ソリューションズ All Rights Reserved.
Top